読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも、シンプルで上質な暮らし

アラサー、独身、彼氏なし。しかもADHD。

3月のライオン 前後編


映画『3月のライオン』予告編

 

★★★★★(すごくよかった!観に行ってよかった!レベル)

 

気にはなっていたけど、行けていなかったら、

前編、そろそろ上映する劇場もなくなりそうだったので、

時間的に前後編一気に観れる映画館を探して観てきました。

(合計5時間30分映画館にいた!)

 

前後編通して10回くらい泣いちゃった。

 

原作は読んだことがあるんですが、

どういうわけか、たまに「読んでも内容が頭にうまく入らない漫画」というのがあって、

羽海野チカさんの漫画は自分にとってそれにあたるようでした。

ハチクロもこれもだめだった…

(原作ファンの方、申し訳ありません。これ、完全に私のせいなので)

でも、羽海野さんの漫画、評価高いので、こうして映像にしてくれると大変助かる…

 

一緒に行った、原作ファンの友人曰く、一部納得いかない部分もあるとのことでしたが、

私は大大大満足!でした。

 

映画は考えずに見たい派なので、良い映画の記録は良かったと残したいんだけど、

テーマ云々考えながら見るのはきついので、その映画の「よかったなあと思うところ」を3つに絞って書き記そうと思う。

 

よかったなあと思うところ

・あまり細かく将棋のルールとかには踏み込まないけれども、将棋のルールが気になるように演出されていた。

(将棋のルールがわかるアプリをDLしてしまった)

・配役の素晴らしさ!特に神木隆之介さん、佐々木蔵之介さん、伊藤英明さん、加瀬亮さんあたりは漫画から飛び出してきたよう!

・とにかく泣き所が多かった!友情だったり、家族だったり、正義の話だったり。この辺りは原作に忠実なんじゃないかな?(読めないくせに)と思ってる。